未経験でウェブデザイナーに転職するときの求人で必要とされるスキルってどれぐらい?

こんにちは!現役ウェブデザイナーのくるみです!
私は未経験のフリーターから憧れのウェブデザイナーに転職しました!くるみについての詳しいプロフィールはこちらから♪

求人サイトを見ていると、意外と多いのが「未経験者OK!」となっているウェブデザイナーの転職情報です。ですが、他業種から未経験でウェブデザイナーに転職する事を考えている方からしてみたら「どのぐらいが未経験なの?」「未経験といえど条件があるじゃん…」と思い、自分が応募して良い物かと悩んでしまいますよね。

今回は未経験でウェブデザイナーに転職するときの求人で必要とされるスキルって実際どれぐらいあればいいのかと、どんな勉強をしておけばいいのかをお話しします。

未経験でウェブデザイナーに転職するときに必要なスキルとは

ウェブデザイナーは専門職ではありますが、美容師や弁護士などと違い特に資格の必要のない職業です。

実際、私もウェブデザイナー歴5年になりますが、資格は1つも持っていません。

ですが、専門職である以上、必ず専門的な知識とスキルが必要になります。これは未経験でも同じです。では、どういった知識とスキルが必要になるのでしょうか?

まず、最低でもHTMLダク、スタイルシート全般、作成の知識、windows・Macの操作全般の知識は必要になります。

それに加えて
☑ネット全般に関する知識。
☑FLASHの作成、加工に関する知識
☑Javascript等スクリプト言語に関する知識
☑adobeのフォトショップ、イラストレーターを扱える知識(画像、写真加工)
のスキルがあるとさらに良いです。

最近では、どれも独学で勉強できる内容となりますが、私は未経験からウェブデザイナーに転職した時は、しっかりスクールに通って勉強しました。

会社によっても違う未経験OKのウェブデザイナーの求人

ウェブデザイナーと一口でいっても、会社によって行う仕事は千差万別です。

そのため、未経験OKと書かれていても「プロのウェブデザイナーとして未経験」という場合と、「0から育ててあげるよ」という意味の未経験とがあります。プロとして未経験という意味であれば、「一応ツールが使えます…」ぐらいのレベルだと、転職する事は難しいでしょう。ソフト(ツール)が使えるとデザインができるでは大きく意味が変わってきます。

もちろん、センスや知識は実務をするうちに磨かれてくるものなので、「ある程度ツールが使えてウェブに関する知識があればOK!」という会社もあります。そういった会社は”インデザイナー”と呼ばれる自社の制作物を作る場合が多いです。

ウェブデザインをする会社にも、広告会社・デザイン事務所のように他社のデザインを行う会社と、自社のデザインを行う”インデザイナー”に大まかに分けることができます。

広告会社・デザイン事務所の場合、他社のデザインを行うわけなので、高いクオリティーとシビアな納期が求められるため、「未経験者OK」という会社はほぼほぼありません。たまに、デザイン事務所であまりにも人が足りず雑用込みの未経験者OKという場合もありますが、本当に未経験者であれば実務をなかなかさせてもらえず採用されてもあまりおもしろくない仕事ばかりをさせられるという事になる場合が多いです。

一方、自社のデザインを行う”インデザイナー”は自社製品であるため時間的な余裕などもあり、じっくり1つのデザインを作り上げることができる場合が多いです。また、自社のデザインを行う”インデザイナー”がいる会社は比較的余裕のある会社の場合が多いので、しっかり0からウェブデザイナーを育てようと思っている会社もあり、未経験者でも比較的採用されやすいのです。

自分に合った会社を見つけ未経験でもウェブデザイナーになるためにはスクールがおすすめ

上記でも述べたように、一口にウェブデザイナーといっても会社によって行う仕事内容が大きく変わります。

ただし、どこの会社であってもスキルのレベルに違いはあっても、基礎知識として身に着けておかなければいけないことや、操作できないとお話しにならないツールもあります。

ですが、この基礎知識やツールの操作よりももっと大事なのが【向上心】です。ウェブ業界は、移り変わりの激しい業界です。昨日まで正しいといわれていた知識は、今日になったら使えなくなってしまった!なんてこともざらです。

そうなったときに、いつまでも過去の知識にばかりとらわれて新しいことを学べないと、ウェブデザイナーとしては致命的なのです。そのために、私たちウェブデザイナーは常に新しい情報を敏感にキャッチしなければいけません。

とはいえ、自分ひとりで新しい情報を常に追いかけるというのは情時期辛い所もあります。そうした時にとても重宝するのがウェブデザイナー仲間です。

ウェブデザイナー仲間といっても、同じ会社の人と情報交換しても正直さほど意味がありません。なぜならその知識はすでにその会社が持っているからです。ウェブデザイナーとして重宝される知識は、今会社の中にない知識です。そのため、外部のウェブデザイナーと情報交換できる機会がとても貴重なのです。

とはいえ、未経験でウェブデザイナーに転職するともちろんウェブデザイナーの仲間なんていないように思ってしまいますよね。独学で勉強をして採用された人はもちろん会社にしか同業者の知り合いはいないでしょう。

しかし、スクールを卒業した人は、スクールで出会った仲間と就職後も連絡を取り合い密に情報交換しているという場合が良くあります。情報交換だけではなく、ステージアップの為に新しいウェブ会社に転職したいと思ったときにも、仲間は力を貸してくれます。

ウェブデザイナーとして、転職したのちの事まで考えるなら、スクールに通う事がおすすめです。