医療事務員からウェブデザイナーに未経験で転職する為に必要なスキル

こんにちは!現役ウェブデザイナーのくるみです!
私は未経験のフリーターから憧れのウェブデザイナーに転職しました!くるみについての詳しいプロフィールはこちらから♪

「医療事務は給料がある程度良くて楽だから良い!」と考えまず就職してみるのが医療事務ではないでしょうか。でも、いざ勤めてみるというほど楽ではないし、かといって刺激があり面白いわけでもないし…思っていたのと違うかも…そう思う女性が多いのは事実です。

そんな時に考えるのがウェブデザイナーへの転職です。クリエイティブな仕事は刺激が多くありそうな雰囲気があり、やはり事務で働いている女性から見て憧れる部分が多くありますよね。

でも、全く知識も経験もない医療事務から未経験でウェブデザイナーに転職する事はできるのか、どんなスキルが必要なのかと不安に思ってしまい一歩踏み出せずにいる人が多いのも事実です。今回は、医療事務員でウェブデザイナーに未経験から転職する為に必要なスキルを現役ウェブデザイナーの私がご紹介します!

医療事務員からウェブデザイナーに未経験で転職する事は可能なの?

ウェブデザイナーといえば、ちゃんと専門学校でウェブの知識を学んだ人にしかなれないというイメージがあるかもしれませんが、実際現在のウェブ業界には他業種から未経験の状態で転職してきた人も少なくありません。

実際、私の会社でも私をはじめ多くの未経験者が採用されています。

もちろん未経験といえども、基礎的な知識はウェブスクールでしっかり学んでいる事が前提ですが、今は人手が足りなく求人を出してもなかなか人が採用できないという時代なので、医療事務からの未経験者の転職であってもしっかり勉強さえしていれば採用してもらう事は可能です。

医療事務員からウェブデザイナーに転職する為に必要なスキル

まず前提としてはホームページとは何たるか、そしてホームページが作成できる知識が必須となります。ゼロからスタートするなら、最低でもHTMLダク、スタイルシート全般、作成の知識、windowsの操作全般の知識は必要でしょう。制作会社によってはMACを使っている場合もあるので、windowsもMACも使えると直良です。

それに加えて、
☑ネット全般に関する知識。
☑FLASHの作成、加工に関する知識
☑Javascript等スクリプト言語に関する知識
☑adobeのフォトショップ、イラストレーターを扱える知識(画像、写真加工)

などもできると、さらに採用してもらえる確立が高くなります。

最近では、wordpressというホームページの作り方が主流となっているので、Wordpressに関しても知識があるとより重宝されます。

その他にも、自分を売り込むことができるトークスキルがあると良いでしょう。あまりしゃべりが得意でないという場合は、しっかりと作りこまれたポートフォリオが必要です。

デザイナーはずっとパソコンの前で作業しているというイメージが強いかもしれませんが、意外と取引先と打ち合わせやすり合わせをすることが多いです。もちろん作業時間は一人で集中してできますが、コミュニケーションや自分が作りたい物をしっかりと言葉で表現する事は必要です。

医療事務員からウェブデザイナーに転職する為に今できる事

上記でもお話したように、基本的なウェブの知識がなければウェブデザイナーになる事はできません。もちろん独学でウェブの知識を学ぶことはできますし、最近はインターネットで検索すればいくらでも無料で学べるサイトも多数あります。

しかし、私は独学で学ぶことをあまりお勧めしません。なぜなら、独学だと最初は頑張って勉強するのですが、モチベーションを保つことが難しく最終的には勉強を諦めてしまうからです。実際に私も、最初は独学で頑張っていましたが、途中で忙しい日があると「今日はいいか…」となってしまい、それが続くとついには勉強する事をいつの間にか辞めてしまっていました。

そこで「このままではいけない!」とスクールに通う事に決めた所、ほかの通っている生徒さんから刺激を受けたり、せっかくお金を払っているのだから!という気持ちになり、しっかり学ぶことができた結果未経験であってもウェブデザイナーに転職する事ができました。

独学でも絶対大丈夫と自信があるならいいですが、最短でウェブデザイナーに転職したいと思っているならスクールに通って仲間を作りながら切磋琢磨する事をおすすめします。