ウェブデザイナーに転職する時の会社選びのポイント

こんにちは!現役ウェブデザイナーのくるみです!
私は未経験のフリーターから憧れのウェブデザイナーに転職しました!くるみについての詳しいプロフィールはこちらから♪

憧れのウェブデザイナーとして、生き生きとたのしみながら仕事をするためには、自分に合った会社を選ぶことがとても重要なポイントになります!

とくにウェブデザイナーの仕事は、会社によって大きく内容が変わる場合も多いので、どういった会社が自分にあっているのが、どういう働き方が理想なのかと行ったところも転職の前に考えて起きたいポイントです。

ここでは、ウェブデザイナーに未経験で転職するときの会社選びのポイントをご紹介します。

ウェブデザイナーに転職するなら知っておきたい仕事内容

ウェブデザイナーと一口にいっても、業務内容は多岐に渡ります。ホームページの見た目(ビジュアル)を考える事もウェブデザイナーであれば、ホームページのそれぞれのページ内容やどういったお客さんをターゲットにするかを考えるのもウェブデザイナーの仕事として捉える会社もあります。

それだけではなく、ホームページが実際にインターネット場で見えるようにするコーディングもウェブデザイナーの仕事のひとつです。

ウェブデザイナーと言っても会社によって任される業務の幅が変わってくるので、転職する際は、自分がどこまで仕事を任されるのか、それは自分にできるのか、やりたい事なのかをしっかり判断してから応募することをおすすめします。

ウェブデザイナーに転職するときに見ておきたい会社のポイント

上記でも述べたように、会社によって任される仕事は変わってきます。例えば、私の場合はホームページの中身にどんな内容を入れるかを考えるディレクション、実際にホームページのビジュアルをつくるデザインと、ちょこっとコーディングを行なっています。

小さい会社であればひとりがいろいろな事ができたほうが重宝されるので、いろいろなことにチャレンジして見たい人は小さめな会社を選ぶのがポイントです。

逆にデザインだけだったり、コーディングだけだったり、ひとつに業務に特化させる会社もあります。そのような会社はわりかし大きな会社で、人も多いため、例えるならばベルトコンベアの上を流れてくる仕事をそれぞれのセクションで担当して最後には完成するといったイメージです。

デザインに特化したい!コーディングに特化したい!とおもっている人には、このように少し大きめの会社がおすすめです。

しかし、こういった会社の場合、未経験者を採用してくれる可能性はかなり低いので、最初は小さめな会社からはじめてステップアップしていくのがおすすめです。

また、会社が広告会社、デザイン事務所なのか、一般企業のデザイン部なのかでも仕事内容や残業時間が大きく変わってきます。

比較的忙しく、残業が多いと言われるのが広告会社、デザイン事務所です。外部の会社の販促品を作るので高いクオリティが求められますし、納期もシビアなため比較的忙しく残業が多くなってしまいます。

そのかわり、様々な業種の様々なデザインに挑戦できるので、やりがいを感じるウェブデザイナーも多くいます。

一方、比較的残業が少なく一つの仕事にしっかりと時間をかけて向き合いやすいのが
インデザイナーと呼ばれる一般企業などのデザイン部です。

外部の販促品をデザインするのではなく、自社のホームページやウェブ製品をデザインするので、最悪納期に間に合わなくても外部に迷惑がかからないため、ある程度時間的な余裕をもって一つのデザインを作り上げる事ができます。

ただし、社内のウェブのみのデザインになるので、いつも同じようなデザインだったりすでに在るものを季節ごとに直したり、オリジナリティを求められない場合が多く物足りなさを感じるウェブデザイナーもいます。

ウェブデザイナーとして自分にあった会社を選びたいならスキルが必要

このようにウェブデザイナーに転職するなら、自分の理想のライフスタイルをしっかり考えてから、チャレンジできる広告代理店やデザイン事務所なのか、しっかりじっくり仕事と向き合えるインハウスデザイナーなのかを考えてから仕事を選ぶ必要があります。

ただし、覚えておかなければいけないのは、私たちは未経験からウェブデザイナーに転職する身であって条件を言えないことはもちろんですが、会社を選ぶ立場にいないという言うことも事実です。

では、理想に近いウェブデザイナーとして会社を選ぶために、私たちはどこようなスキルを培っておけばいいのでしょうか?

まず前提として、ウェブデザイナーになるためには基本的なウェブの知識とHTML、CSSといった知識がある事が大前提です。この知識は頑張れば独学でインターネットや本を使って勉強することができます。

ただし、何よりも大切なのが「学び続ける意欲」です。ウェブの世界は流れが早く、常に新しい情報をキャッチしなければいけません。そのため、常に新しい情報をキャッチしつづける向上意欲と環境が必要になります。

ウェブデザイナーになっても勉強し続けなくてはいけないのは辛い…と思うのであれば、正直ウェブデザイナーには向いていないかもしれません。というのは、私は新しいことをどんどん勉強するのが楽しくて、同じことをずーっと繰り返すほうが苦手だからです。

ただし、新しいことを学び続けるのが苦手だと言う人でも、新しい情報をキャッチせざるおえない環境をつくることもできます。それが仲間をつくることです。

会社の同僚と仲良くするのではなく、同業者で別の会社に勤めているウェブデザイナーと頻繁に交流をすることでお互いに情報交換でき結果新しい情報を手に入れられるようになるのです。

ですが未経験者にとって、ウェブデザイナーの仲間をつくると言うのは以外にむずかしいものです。そのため、多くの人は仲間をつくるという目的から転職する前にスクールに火曜のです。

スクールに通うことで、学生の頃のように苦楽を共にした仲間をつくることができ、転職後もお互いに切磋琢磨し刺激を得られたり心の支えになってくれます。

また、新しいステージへ上がるためにウェブデザイナーとして他の会社に転職する場合も力になってくれる仲間がいるのといないのでは結果がちがってきます。

ウェブデザイナーへの転職を考えているなら、私のようにスクールに通うことをおすすめします。