未経験からのウェブデザイナーの転職で必要な資格

こんにちは!現役ウェブデザイナーのくるみです!
私は未経験のフリーターから憧れのウェブデザイナーに転職しました!くるみについての詳しいプロフィールはこちらから♪

プライベートでネットサーフィンする程度でしかパソコンを使う機会がなく、ウェブの知識もなく、さらに20代後半(アラサー)ともなると、「こんな私でもウェブデザイナーになれるのかな?」と不安になってしまいますよね。

ちゃんと勉強して、知識は得るつもりがあっても、本当に未経験でもウェブデザイナーに転職はできるのか…本気でスクールなどに通う前に知っておきたいのはそこではないでしょうか?今回は、未経験からウェブデザイナーに転職した私の経験をもとに、未経験からウェブデザイナーにへ転職する時に必要な事と資格についてお話します。

未経験でもウェブデザイナーへ転職する事はできるの?

20代後半で、しかも異業種からの未経験でのウェブデザイナーへの転職となると、雇ってもらえる就職先はあるのかと不安になってしまいますよね。ですが、ウェブデザイナーになるにはそこまで年齢に不安を覚える必要はない。というのが私の経験上の意見です。

というのも、私の会社には基本的に転職してウェブデザイナーになる人が多いのですが、未経験であっても29歳であっても「これから伸びしろがある!」と思ったら採用します。

ショップ定員からwebデザイナーに転職した29歳女性の話

2018.08.08

未経験でもwebデザイナーになるために覚えておくべき基礎知識

2018.08.07

ウェブデザイナーは、基本的にパソコンでの作業が中心になります。SE(システムエンジニア)の様に毎日会社に泊まり込んで仕事…というほど肉体的にハードな物でもありません。

もちろん会社にもよりますし、最初のうちは新人だから仕事をこなすのに時間がかかり遅くなってしまう事や、納期の前日や当日はある程度残業が必要になることもあります。

ただ、私の場合は毎日定時の18時周辺で帰れています。そのため、体力的に不利なアラサーだから採用してもらえないかも…という所はそこまで心配しなくても大丈夫です。それよりも、新婚だから子供がすぐできそうとかすぐにフリーになりたいっていう臭いをプンプンだされた方が採用されずらくなると思います。

未経験でもウェブデザイナーになるために必要な事

横文字の職業ってすごくかっこよく見えますよね。さらにパソコンに向かってデザインをてきぱき作っていくクリエイティブな仕事って誰でも憧れる職業の1つだと思います。

私も例に外れず「ウェブデザイナーってクリエイティブでなんてかっこいいんだろう!」って思っていました。

ですが、未経験でしかもクリエイティブな学校も出ていない初心者だと採用してもらうのは難しいかなぁ…と思ってしまうのが正直な所だと思います。

結論から言うと、知識0であれば採用してもらえる確立はかなり低いです。ただし、未経験であっても採用はしてもらえます。

知識Oと未経験、その違いは何かというと自分でちゃんと勉強する意欲と行動力があるかという点です。ウェブ業界は、昨日まで正しかった事が今日には間違いに変わるなんて事がよくあるぐらい流れのはやい業界です。

そのため、自分から意欲的に勉強ができない人だといざウェブデザイナーになったとしても業界の流れについていけず苦しむことになります。

なので、知識0で果敢に面接に挑む勇気はすごいと思いますが、採用してもらう事は難しいです。

では、未経験とはどういう事でしょう。

未経験というのは、実務としてウェブデザイナーを経験したことがないけど、職業訓練校といったスクールで基本的な知識を身に着けている場合です。

正直、経験者であっても会社によってデザインの仕方やルールが多少なりとも変わってくるので、入ってすぐに即戦力というのは難しい所があります。ただし、基礎的な知識はあるので会社になれれば戦力として働いてもらう事ができます。

これって未経験者にも言える事なんです。異業種で働いていて、ウェブデザイナーの実務経験はないけど、スクールでちゃんと勉強して基礎知識があれば、あとは会社になれて実務をこなしていくうちに、戦力として使えるようになってきます。

むしろ、今まで自主的に知識を養う為に勉強できた人であればどんどん技術も吸収できるし、スクールで勉強したことが実務として生かせるので楽しみながら仕事を覚える事もできるでしょう。

なので採用されない知識Oと採用される未経験の違いは、自分でちゃんと勉強する意欲と行動力があるかという点になってくるのです。

未経験者がウェブデザイナーになるための資格

未経験からウェブデザイナーに転職するときに思うのは「なにか資格を取っておいた方がいいのかな?」というところですよね。

私も未経験からウェブデザイナーに転職しましたが、未経験時には資格は特にもっていませんでした。今となっては、もっと勉強したいと思い「色彩検定・カラーコーディネーター検定」の資格を取りましたが、正直実務で資格が有利になったという経験はありません。

実際に、新しく人を採用するときも「資格を持っているか?」という点に着目して選んだ事はありません。資格をどんなに持っていても、人柄が悪ければ絶対に採用はしません。

最近だと

  • ITパスポート
  • ウェブデザイン技能検定
  • Webデザイナー検定
  • Web検定 Webデザイナー試験
  • Webデザイン・スペシャリスト
  • Webクリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • PHP技術者認定試験
  • アドビ認定エキスパート(ACE)

などいろいろな資格があり、デザイン系の学校では取得する事をおすすめしているようですが、現役ウェブデザイナーの立場から言わせていただくと持っていようが持っていまいが特に関係ありません。

持っている事で、自分に自信がつく!というのなら取得すればいいだけだと思います。

実際に現役ウェブデザイナーの私は、上記に書いた資格は1つも持っていません。

資格を取るために、時間とお金を使うのであればスクールに通って実践的な知識やツールの使い方を勉強するほうが私はおすすめです。どんなにデザイン論を語れても、illustratorやPhotoshopが使えなければお話しになりませんからね。