未経験でもwebデザイナーになるために覚えておくべき基礎知識

未経験でwebデザイナーになることはもちろん可能ですが、それでも面接時に何かしら自分をアピールする為の武器が必要になります!

正直スキル的な部分では、絶対に経験者にはかなわないです。だからむやみにweb用語を並べ立てても「知識がないくせにプライドばかりが高い面倒な女…」と思われてしまいます。

では、未経験の私たちは何を武器にすればいいかというと【やる気】です!!もぉこれしかありません!

私は金の卵!採用しないなんてもったいない!

webデザイナー未経験者なんて、web会社からしたらこれから育てなきゃいけないし、最初のうちは一切使えないわけだからお荷物でしかないんですよ。私も今現役でwebデザイナーをしていますが、上司が新人を取る!という度に「経験者ですよね?スキルはあるんですよね?」と鬼の形相で詰めまくります。

でも、スキルが多少あったとしても何人もお断りしてきました。その理由は向上心がないからです。

転職の理由として
「前の会社は給料が悪かった」
「好きな事ができなかった」
とか待遇面での愚痴を言ってくる人が多いんです。

そういう人を見ると、「こいつきっとうちに入ってもどうせ待遇で文句言ってろくに働かないなぁ…」って思うんですよ。育てる側からしてみたら!(笑)
だって、面接っていう自分を伝える一番大切な場所でネガティブな事言っちゃうような奴は、どんなにスキルがあっても経験があっても一緒に仕事したいと思わないもん…

だからスキルがある経験者であっても何人もお断りしてきました。

でも逆に、未経験でも採用してもらえる人もいるんです。私みたいに♡それはどんなテクニックを使ったかというと、ポジティブな事だけ言う!!って事です。

ポジティブってただひたすらに明るくするとか、声でかくするとかじゃないですよ!明るいとか声が聞こえる程度にでかいのは最低限のマナーです。それにプラスして、「御社に入ったらこんなことをしてみたい!今、自主的に勉強しているこんな技術を使ってみたい!」という事です。

自主的に勉強している!!って結構キラーワードだと思うんですよね。もぉ自分からやってくれる子って本当に少ないんですよ。

私も最初に入った会社では右も左もわからなくて、わからない事があれば先輩に聞いてみたりもしたんですがだいたい「ググって!」って言われました…制作会社って結構そういう所多いんですよ。

「そんな会社やだ!!!」って思うかもしれませんが、正直「パソコンにフォント入れるにはどうしたらいんですかぁ?」とか「Photoshopの操作がわかりませぇん!」とか、そんな事は私に聞かなくてもわかるだろ!!!ググれ!!!って今になっては私も思います。だってそんなことは本当に検索すれば出てくるんだもん。

先輩に聞くべきことってそんなことじゃなくて、「ここの配色はユーザービリティ的にこの色がいいと思うのですがどうですか?」とか「ここの見せ方はスライダーよりポップアップの方がユーザーに訴求できると思うのですがどうですか?」とかそういう次元の話です。

マニュアルがあるような事はググれ!!!!がハイパー忙しいweb会社での鉄則です。

でもやっぱりそれができない人が多い。なんでも自分で調べる前に人に聞く。その方がその人は楽だから。でも先輩は同じような事を、他にもいる後輩から何回も聞かれてる。さらに自分の作業を止めてまで教えてあげなきゃいけない。結構なストレスです。とくにデザイナーって乗ってるときに作業中断させられる事が何よりもイラっとします。

そんな所に「自分で勉強して基本的な知識は身に着けました!!!もっともっと吸収したいです!!!」みたいなポジティブな子が来たら、「おぉ!!」って思うわけですよ。なんかちょっと採用してみてもいいかなって思うわけですよ。私たち未経験者がwebデザイナーになるためにはそういう「向上意欲」を見せる事が何よりも大事なんです。

未経験者でも、未経験なりに勉強できる事はある

実際に私も、webデザイナーの面接を受ける前に、自分でHTMLとCSS、苦手だったphotoshopの使い方を勉強しました。illustratorはかろうじて起動はできたので(笑)へたくそながらイラストを描いて面接時にポートフォリオとして提出しました。

それでも「いいねー!」といってお世辞ながらおめてほめて頂、「こんな事はできる?こういうの興味ある?」といろいろお話しをさせて頂、次の日には合格の連絡をいただく事ができました。しかもその時も「早く連絡しないと他の会社に行っちゃうかもしれないから」とまで言っていただけました。

これぐらいの自主性があれば、未経験であっても好印象を持ってもらう事ができ「スキルが多少なくても育ててみるか!」となるわけです。

じゃぁ具体的にはどんな事をすればいいかといいますと…コーディングと基本的なadobeツールの操作の勉強です。web会社は基本的にデザイナーとコーダーとSEなど担当が細かく分けられている事が多いですが、小さい会社だとディレクター×デザイナーとか、ディレクター×コーダーとか、デザイナー×コーダーとか、何か一つができるよりも2つ3つできた方が喜ばれます。

さらにガチな未経験者であっても、ちょっとしたHTMLやCSSの知識があるだけで多少は役に立つんです。しかもね、このHTMLとかCSSってちょっと勉強すれば多少わかるようになるんです。はやりすたりがあったり、その会社のルールが多少はあるんですが、新人にやらせるような修正であれば基本的なHTMLとかCSSの知識で解決する場合が結構多いです。

だから面接時に「HTMLCSSは独学ですが勉強しました!」とか「スクールでHTMLCSSの勉強はしてます!」と言えれば結構強いです!そこから興味を持たれれば「え??こんな事できる??」って話になって採用に近づきます。

面接までに勉強しておきたいwebの基礎地知識

今世の中には、もぉ数えきれないぐらい自分でwebの基礎知識を勉強できるサイトやスクールがあふれています。その中でも、現役webデザイナーであるくるみがおすすめするサイトとスクールをご紹介します。

無料サイト

■ドットインストール | 3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト
http://dotinstall.com/

■HTML & CSS | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート] https://prog-8.com/languages/html

無料で学べるサイトの利点は何といってもリスクがない所!さらに無料の割に結構クオリティーも高いので、本当にガチでここだけ学ぶだけでも結構十分だと思います。こんかい2サイトを載せたのは、人によってどちらが好みか変わるから。

ドットインストールは講座形式で、自分の学びたい内容を細かく細分化して学ぶ事ができます。HTML & CSS は初級編や中級編に分かれていて、3時間とか4時間かけて一気に学んでいきます。

有料スクール

私がおすすめするのは【WebCamp】です。
なんで無料でできるのにわざわざ有料でスクールに通うんだ?って思いますか?思いますよね。私も最初はそう思って、独学で無料のサイトで勉強してたんですよ…でもね、そうするとね、途中で「無料だしいっか…」ってなってきちゃうわけですよ。

でも、「このままじゃだめだ!」って思ってスクールに通ったら、「お金も払ったし、周りで頑張ってる人もいるし!」ってわけで闘争心がわいてくるわけですよ!無料だと本当にモチベーションの維持が難しいんです…本気でwebデザイナーになりたい!!って思ってても、やっぱり人間一人だとできない事が多いんです…

だから多少お金はかかったとしても、将来の投資としてスクールに通うのも良いと思います。だってそれで憧れの職につけるわけですからね。20万とか30万なら、webデザイナーになって給料をもらえれば1,2か月でペイできるわけですし。そんな高い買い物ではなかったなぁと私は思っています。

一生ものの知識ですしね。特に女性は、結婚して出産する事を考えると、自宅で仕事ができるwebの仕事は本当に重宝します。まだ結婚していなくても、子供がいなくても、将来的に結婚して子供が欲しいと思うなら、余裕が少しでもある今、本気で勉強しておいた方がいいですよ!

どこよりも高い「継続率」「修了率」「卒業率」の【WebCamp】

通うのがどうしても難しければオンラインでの受講もあるそうですよ。
【WEBCAMP ONLINE】無料体験はこちら

でも私のおすすめは、切磋琢磨できる教室型です。
受講者満足度も90%以上!【WebCamp】